お知らせ

私たちのSGDs活動が外務省より正式に認定されました。

持続可能な開発目標(SDGs)の推進について

SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちアーク・フロント株式会社では、 このSDGsの趣旨に賛同し 、私たちが出来る事から、少しづつ活動しており、現在では3つのアクションで貢献させて頂いております。この活動について日本政府の担当省であります外務省より正式にSDGs活動のコミットメント企業として認定され、外務省HP内のSGDsアクションの実践企業としてリンク掲載されました。私たちは今後も「出来る事からひとつひとつ」をモットーに地球規模のアクションに積極的に取り組んで参ります。

外務省HP SDGs取組紹介ページはこちらです。私たちアーク・フロント㈱の取組も紹介されております。

■外務省HP SDGsプラットフォーム⇒取組実例

アーク・フロント株式会社では17のゴールの内、以下の5つのゴールに向けた活動での取組みが掲載されております。

・10(国内および国家間の格差を是正する)
: 人や国の不平等をなくそう
・12(持続可能な消費と生産のパターンを確保)
: つくる責任つかう責任
・14:(海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する)
: 海の豊かさを守ろう
・15(陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る)
: 陸の豊かさも守ろう
・17(持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する)
:パートナーシップで目標を達成しよう

■アーク・フロント株式会社のSDGs活動についてはこちらです。

 


最近の実績

ページ上部へ戻る