SDGsへの取り組みについて

SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちアーク・フロント株式会社では、
このSDGsの趣旨に賛同し 、私たちが出来る事から、少しづつ活動しており、現在では3つのアクションで貢献させて頂いております。

・SDGsの詳しい情報はこちらからご確認下さい。⇒外務省HP

アーク・フロント株式会社では出来る事から1つ1つ、社会貢献に取り組んでいます。

Action-1 
革新的新素材『LIMEX』を活用した環境問題への取り組み

我々アーク・フロントでは、水と木の資源を守る革新的な新素材LIMEX(ライメックス)を使ったサービスを提供しております。 『LIMEX(ライメックス)』とは、石灰石から生まれた紙とプラスチックの代替えとなる日本発の新素材です。
アーク・フロントでは、製造元の株式会社TBM(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:山﨑敦義)からの許可を得て、正式に新素材ライメックスを取り扱っております。

原料に水や木を一切使用することなく紙代替品を製造します。
通常、普通紙1トン生産する場合には、樹木を約20本、水を約100tが必要になります。
LIMEXの場合は原料に木や水を使用せず、石灰石0.6〜0.8tとポリオレフィン約0.2〜0.4tからLIMEXの紙1tを生産が可能になります。
世界の環境問題として大きく取上げられております『森林破壊』と、将来世界的に枯渇すると言われている『水不足』に対して十分に貢献できる新素材と言えます。
さらに、石油由来成分を抑えプラスチック代替品も製造可能な次世代型の環境配慮素材です。石から生まれている為、耐久性・耐水性に優れ、タフな環境での用途にもマッチします。

・LIMEXについての簡単な説明はこちらから。
・LIMEXの製造元である株式会社TBMでは更に詳しい情報が御座います。https://tb-m.com/limex/

SDGsでは持続可能な世界を実現するための17のゴールから構成されていますが、『LIMEX事業』では、以下の8つの項目に貢献が可能です。

※貢献目標については製造元である株式会社TBMのサイトから引用

Action-2
新基準デザイン『メディアユニバーサルデザイン』の活用による不平等を無くす社会へ

ユニバーサル・デザインとは、障害の有無や、年齢、性別、人種などにかかわらず、最大限・可能な限り、より多くの人々が利用しやすい製品やサービス、環境をデザインする考え方です。昨今では、「少子・高齢社会」への「新たな対応策」として、内閣府の強力な後押しや、数ある大企業の本格的な取り組みによりその概念が急速に広まり、さまざまな環境や製品にこの考え方が応用されております。その中でも「視覚情報」に特化したものがメディア・ユニバーサル・デザイン(MUD)です。

当社では現在、メディア・ユニバーサル・デザインの知識を正しく理解し、ディレクション、アドバイスができる者だけに付与される関連資格取得者が6名在籍し、ご相談を承っております。必要な情報が一人でも多くの方に届くよう、日々トライアルを繰り返しております。

MUDでは以下のSDGs目標に対して貢献が可能です。

・メディア・ユニバーサル・デザイン活用についての詳細はこちらから。
・内閣府認証NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会はこちら


Action-3
『救缶鳥(きゅうかんちょう)』Projectで飢餓のない世界へ



企業で購入した保存食のパンは買い替え時に救缶鳥プロジェクトとして
世界の飢餓対策支援に活用されております。

世界にパンを届けよう。救缶鳥(きゅうかんちょう)プロジェクト。
救缶鳥プロジェクトとは、非常食を備えることで、世界の飢餓救済の活動に参加できるプロジェクトです。当社では、『自分たちで出来る事から1歩でも。』という考えのもと、2017年から參加しております。

『救缶鳥プロジェクト』では以下のSDGs目標に対して貢献が可能です。

・救缶鳥プロジェクトの詳細はこちらからどうぞ。


私たちアーク・フロント株式会社のSDGsへの取組は、日本政府外務省SDGsのプラットフォームにて紹介されております。
私たちは、SDGsコミットメント企業として外務省より認定されております。
外務省HPはこちらです。



最近の実績

ページ上部へ戻る