お知らせ

情報セキュリティにおける国際規格『ISO/IEC 27001』更新のご報告

情報セキュリティマネジメントシステムの国際基準『ISO27001』の認定更新のご報告

認定書番号『IA190161』

この度、アーク・フロント株式会社では国際標準による情報セキュリティマネジメントシステム『ISMS』の国際規格『ISO/IEC 27001:2013』『JIS Q27001:2014』の認定更新が完了した事をご報告させて頂きます。

アーク・フロント株式会社では企業価値の更なる向上を目指し、お客様の大切な情報を安全に正しく運用するマネジメントシステムの構築に日々取り組んでおります。

その一つの証として世界150カ国以上で展開しております国際認定機関であるbsiグループ『BSI Group Japan K.K.』及び、米国適合性認定機関『ANAB: ANSI-ASQ National Accreditation Board』による規格審査、更に日本における『情報マネジメントシステム認定センター』での適合性評価を経て無事に2017年10月14日に『認定書番号:IS 670171』が発行され、情報セキュリティマネジメントにおける国際規格『ISO27001』の認定登録が完了致しました。

この度、2019年10月には同規格の運用規定に則り、更新認定審査を行いました。今回は、10カ国余りの国で支社を運営するグローバルな国際認証機関であるEQAグループである『EQA国際認証センター』及び、米国適合性認定機関『ANAB: ANSI-ASQ National Accreditation Board』による規格審査での適合性評価を経て、無事に『認定書番号:IA190161』が発行され、情報セキュリティマネジメントにおける国際規格『ISO27001』の更新認定の取得が完了致しました事、ここにご報告させて頂きます。

日々IT化の進展に伴い、不正アクセスやコンピュータウイルスによる被害、及び内部不正者や外注業者による情報漏えい事件など、情報資産を脅かす要因が著しく増加しており、これらの脅威は日々増加の一方であります。これらに対して適切にリスクアセスメントを実施して、企業における総合的な情報セキュリティ管理を確保するためには、ISMSの構築・運用が必要不可欠となっております。

お客様は勿論の事、全てのステークホルダーに対して今後も安心と安全を約束し、更に信頼を頂ける企業になる為日々取り組んで参ります。引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

アーク・フロント株式会社 代表取締役社長 湯浅 晃

 


最近の実績

ページ上部へ戻る